お肌のシミと食品の関係性

お肌のシミと食品の関係性について

 

肌,シミ,予防,食品

 

肌のシミの予防に効果的な食品や、逆にシミが濃くなる恐れがある食品を紹介してみます。

シミの予防に効果的な栄養素や食品

 

肌,シミ,予防,食品

 

シミの予防に効果的な栄養素や食品を紹介します。

 

ビタミンC

ビタミンCは、シミの予防に効果的な栄養素と言われています。ビタミンCには、シミの原因であるメラニンを作り出す、チロシナーゼの働きを阻害する効果が期待できます。ビタミンCを多く含んでいる食品は下記のようなものがあります。

 

  • アセロラ
  • キウイ
  • 柚子
  • パプリカ
  • パセリ

 

ビタミンCは熱に弱くて水に流れやすいので、これらの食品から摂取するする際は、野菜等は茹でない方がベターです。また、ビタミンCは体に溜め込む事が出来ないので、数回に分けて摂取すると吸収率がアップします。

 

ただし、柑橘類を朝に食べてから紫外線を浴びると、シミや色素沈着が引き起こされやすくなります。なので、柑橘類は夕方の間食や夜に食べるといいでしょう。

 

セラミド

セラミドは、肌を紫外線や雑菌等の外的刺激から守る役割があり、メラニンの生成を抑えてくれます。保湿作用もあるので、乾燥肌で悩んでいる人にもおすすめです。セラミドを多く含む食品は下記のようなものがあります。

 

  • こんにゃく芋
  • 大豆
  • 黒豆
  • 大豆
  • ブロッコリー
  • 牛乳

 

1日に必要なセラミドの量は、0.6から1.2ミリグラムであるので、こんにゃくなら100グラムで補えます。

 

リコピン

リコピンは、肌の抵抗力をサポートする働きがあり、酸化等による肌のダメージを軽減して美容効果をもたらしてくれます。シワをケアしてくれて、美容維持の強い味方になります。リコピンが多く含まれている食品は下記のようなものがあります。

 

  • トマト
  • スイカ
  • 人参

チョコレートでシミが減るって本当!?

 

肌,シミ,予防,食品

 

チョコレートを食べる事で、長年の悩みの種であったシミがなくなります。

 

腸内環境

腸内環境を整えると健康に良く、美肌作りにも効果が期待できます。腸内環境が悪いと、肌のターンオーバーが乱れて、顔にシミが出来てしまいます。反対に、腸内環境が良いと悪玉菌が減り、有害物質が増えるのを防いで血流も良くなります。そして、身体に必要な栄養素が身体中に届けられます。

 

チョコレートの効果

美肌作りには大切なターンオーバーが正常化して、シミが排出されて美肌になれます。腸内環境を整える事はとても大事で、その腸内環境を整えるのに効果的なのがチョコレートです。チョコレートには、カカオプロテインとカカオポリフェノールが含まれていて、この2つの成分がシミ対策に重要な役割をもたらします。

 

カカオプロテインが腸の善玉菌の餌になってくれるため、腸内環境が整って血流も良くなります。これにより、肌のターンオーバーが正常化されて、シミの原因になる褐色細胞を排出してくれます。カカオポリフェノールは抗酸化作用が期待できるので、シミを作る原因になる活性酸素から肌を守ってくれます。

 

チョコレートは、顔のシミに効きますが、どんなチョコレートでも良いのではなく、カカオ70%以上のチョコレートでないと意味がありません。なお、1日に食べるチョコレートの量は、板チョコの半分が目安です。

シミに白砂糖とカフェインがNGな理由

 

肌,シミ,予防,食品

 

シワを増やさないようにするには、白砂糖とカフェインを摂取しない事です。

 

白砂糖

白砂糖には、活性酸素を増やして身体を冷やす作用もあるため、シワを作るきっかけになります。砂糖を料理等で使用する時には、三温糖やハチミツに替えるようにするのがオススメです。また、白砂糖はクッキーやケーキ等の甘いお菓子にも使われているので、注意が必要になります。

 

なので、甘い物が食べたい時には自然の甘みのあるドライフルーツ等が良いです。

 

カフェイン

カフェインを摂り過ぎると、メラニン色素を拡散させて、色素沈着を悪化させます。これらに加齢やターンオーバーが低下する事を考えると、カフェインの多量摂取は控えるようにします。

 

コーヒーに含まれているポリフェノールには良い働きもあるので、シミ等の活性酸素の働きを考えると、コーヒーは2〜3杯が理想です。最近では、ノンカフェインのコーヒーも販売されているため、コーヒーが好きで沢山飲みたい人は、それに替えるようにするとシミが予防出来ます。

 

また、コーヒーはなるべくブラックで飲むようにしたり、販売されているジュースにも白砂糖が入っているため、果汁100%のものを選びます。カフェインは、コーヒーだけではなくお茶類にも入っているため、飲み過ぎには気を付けます。

シミを薄くするレシピ

 

肌,シミ,予防,食品

 

シミを薄くする効果が期待できるレシピを紹介します。

 

豚肉とピーマンの炒め物

シミを薄くするためのレシピは、ビタミンCたっぷりの豚肉とピーマンの炒め物です。ビタミンCが摂れる赤ピーマンや黄ピーマンを贅沢に使用しても、ピーマンのビタミンCは熱に強いため、同時にビタミンAの吸収もアップさせる事が出来ます。味や食材は、好みで調整しても大丈夫です。

 

お好み焼き

お好み焼きは、L-システインを効果的に摂取出来ます。L-システインを多く摂れるのは、卵とさば、鰹節を使用したお好み焼きです。さばと鰹節を加える事で、生地が一味違います。家族で食べる時は、沢山の量を作ると良いでしょう。

 

生地を作るポイントは、トロッと感を出すことで、水分の量を調整すると沢山作れます。

 

チキンライス

チキンライスは、ケチャップを使うことでリコピンをたっぷり摂取できるので、とても簡単に作ることができます。この作り方は、最もシンプルなチキンライスの調理法で、味付けはケチャップのみであるため好みで調整できます。

 

レバニラ炒め

シンプルで簡単なレバニラ炒めは、シミ予防だけではなく、健やかな皮膚を保てます。ビタミンB2で肌トラブル知らずになれるため、効果的にニキビを防げます。また、ボリュームもあるため、これだけでご飯が進みます。

 

桜エビとしらす丼

桜エビとしらす丼は、アスタキサンチンを含んでいる桜エビを、生のままちらし寿司で食べます。生食のサクラエビには、ボイルや干したものより、アスタキサンチンが沢山含まれています。

シミを増やしてしまう食べ物

 

肌,シミ,予防,食品

 

シミを増やしてしまう食べ物は、ソラレンを含んでいる柑橘類です。ソラレンは、グレープフルーツやレモン、オレンジ等の柑橘類に多く含まれています。ソラレンには、紫外線に対する感受性を高めたり、反対に紫外線を吸収しやすくする作用があります。

 

また、柑橘類だけではなく、きゅうりやセロリ等にも含まれています。

 

食べるタイミング

柑橘類は、食べるタイミングに気を付ける必要があります。ソラレンは体内で7時間程度持続するため、出かける時には控えて夕方のおやつや夜のデザートや夜食に食べるようにします。他には、たけのこやりんごやバナナやアボカド等も注意が必要です。

 

これらの食品は、皮を剥いてから時間が経つと黒く変色するものばかりです。変色する原因は、酸素に触れて酸化する事が原因で、この元になるのがチロシンです。

 

チロシンはアミノ酸の一種でアドレナリンやドーパミン等の神経伝達物質の原料になり、これだけではなく肌や髪の毛のメラニン色素の原料にもなります。この事からシミになる原因でもあります。

 

一緒に摂ると効果的な食品

チロシンの働きを抑えるのはビタミンCです。りんごやレモン等の、ビタミンCが沢山含まれている食材と一緒に摂取をすると、チロシンの働きは抑制されます。しかし、レモンの場合はソラレンが残ってしまうため、結局同じようにシミが出来てしまいます。

 

このため、ソラレンを含んでいないキャベツやピーマン等を一緒に食べるのがオススメです。

白雪美白の通販購入はこちら!※口コミ評判・効果も掲載!トップページへお肌のシミや乾燥肌がコンプレックスの方、ツルツルのタマゴ肌を目指したい方は、トップページで白雪美白の詳細をチェックしてみてください。